【恥をかいて傷付きまくる事が大事】

恥をかくと傷付くのが人の心です。

このように思っています。

僕は自分で言うのもなんですが、これまでずっと恥をかいてきました。
今でもしょっちゅう恥をかいてます。

話は遡って21歳の頃。

プライドの高さゆえに結果が出なかったら自分のミスや失敗を認められず、ちっぽけなプライドを守るために何かと他人のせいにしたり、自分は悪くないと言いながら生きてました。

ある人に言われた一言で人生が変わりました。

「その外に向けてる矢を一回全部自分に向けてみ。今自分に降りかかってる事の全ての原因は全部自分にある事が解る。」

これを言われた時に…

ガーン( ̄◇ ̄;)!

ってなりました。

これを言われるまで、「物事が上手くいかないのは自分に問題があるから」なんて考えた事も無かったです。

自分では、原因は自分にはないって思ってても、他人は「原因は全部おまえ自身にある」って思ってるんだと気付きました笑

この時に色々と気付いちゃって、なんだかめちゃくちゃ恥ずかしくなりました。

今まで俺はなんてカッコ悪い奴やったんや〜!て。

でも、そのみっともなく恥ずかしかった自分のダサさに気付いて、全部認めた事により、清々しい気分になったのを今でも覚えてます。

そこからですかね〜。

「だるい、しんどい、眠い、辛い」吐いても仕方のないマイナスな言葉は一切言わなくなりましたね。

仮に思っても、口に出さず行動に移すことにしました。

だるい→やらない
しんどい→やらない
眠い→寝る
辛い→やめる

シンプルでしょ(^^)笑

あの一言が無ければ確実に今の僕は居ませんでしたね。

人って何かを指摘されたら傷つくんですけど、完全に核心を突かれると気付くんですよね。

おかげでありのままの生きていく事ができるようになりましたし、失敗して傷付くとか平気なったから何に挑戦するのも恐くないですね(^.^)

カテゴリー: BLOG