【不幸癖が付いてないかを考えよう】

幸せに生きれる人と幸せに生きれない人の違いって何か分かりますか?

これ、むちゃくちゃ簡単です。

単純に不幸になる人は、「幸せになるチャンスを放棄してるだけ」なんです。

例えば「これを今からやればあなたの未来は幸せに向かい始めます」というチャンスが訪れたとします。今より明るい楽しそうにしてる自分の姿が想像できるチャンスが現れたとします。

でも、幸せになれない人はチャンスの目の前で「どうせ俺(私)なんて…」「でも私には無理だと思う…」「でも私は上手くいった試しがないからな…」この様に『どうせ私には・・・』という前提で物事を考えます。

幸せになれる人は逆ですね(^-^)!

チャンスが目の前に来たら…
まず挑戦します。

そして、挑戦するまでに「いちいちできない理由を考えない」。

挑戦をスタートしたら…
「できるようになるために何をするかを考えてできる理由を少しずつ足していき形にしていく」事だけを考えている。

実は世の中のほとんどの人が「私ではできない」を前提にして生きてます。

たぶんこのマイナス思考は子供の頃からの親の教育のせいなんですよ。

親が「できない」って言ってるから子が真に受けて、親でできなかったのならそのできなかった親の子の俺(私)ができるわけがないって思い込んで育ってしまいます。

もちろんできないと、子に放つ親の心理には「世の中甘くないから安定した安全な道を進みなさい」って言う想いありきでしょうが…僕的にはこの思考はかなりヤバいです。

親である自分も子も良くない方向に進むパターンです。

世の中甘くないなんて言ってる人は一番甘ったるい生き方をしています。

「現実を見ろ」なんて言ってくる人がいたら「現実が見えていないあなたに現実を見ろなんて言われても・・・照」って言い返してあげたらいいです。

ハッキリ言うて就職しようが公務員だろうが根本的に安心できるポジションなんて人生にはありません。

なので、僕は『やれば何でもできるようになるから、やりたい事やって生きようや!』って発信し続けます。

ライブでも、夢は全部叶うよ!
やりたい事に向かって生きていかな時間もったいないし人生もったいないで!って訴え続けます。

まあ、だいたい「でも…だって…そんなの叶う訳ない…」みたいな空気を感じたりします笑

とにかく「でもでもだって…」と言い訳ばっかりを並べている人は不幸を癖を身に付けている最強最悪の悪癖人ですから、心当たりがある人は今すぐ不幸癖に繋がる言葉を口に出さないようにすることを強くお勧めします(^-^)!

明るすぎる未来へ✋🏻✨

カテゴリー: BLOG