今回作品のアレンジをやってて完成途上で何度も聴いて気づいたのが、音楽には強気な音楽と弱気な音楽があるっていうこと。どういうことかと言うと、強気な音楽ってのは「聴く人を選ぶ音楽」、弱気な音楽ってのは「聴いてくださいと頭を下げて聴いてもらう音楽」。今回の作品は前者の強気な音楽に該当する作品になった気がする。これはどちらが良いとか悪いとかの話ではない。自分がやりたい音楽は要はどちらなのか?って話なんだよな。オレは聴く人を選ぶ音楽をやりたくて今まで作ってきたんだって事に今作の制作途上で気づいたんだ。この気づきは物凄く大きい。これに気づかせてくれた今作に携わってくれている全ての人達に感謝。